先輩インタビュー

先輩インタビュー マテリアル事業 服部 雅文先輩インタビュー マテリアル事業 服部 雅文

失敗を糧にして前に進む。日々、刺激的に。日々、試行錯誤失敗を糧にして前に進む。日々、刺激的に。日々、試行錯誤

服部 雅文マテリアル事業
営業部
東京マテリアルグループ

就活中は、特に業界を絞らずに活動していました。
実際に入ってみないと分からないことも多いと思っていたので、
フラットな目線で企業を見ていましたね。縁あって最初に内定が出た当社に入社を決めました。

現在の部署での業務内容や部署での役割をお聞かせください。

所属している東京マテリアルグループは、主に関東の製鋼メーカー向けの原料調達をメインに手掛ける部署です。メンバーは課長、私、後輩2名、営業サポート1名の計5名。私と後輩の1人が国内製鋼メーカー向けの製鋼原料の販売、もう1人が海外取引をメインに担当しています。
私たちが扱う製鋼メーカー向けの原料というのは、建物や自動車などを解体した際に発生する鉄くず(スクラップ)のことです。製鋼メーカーではスクラップを熔解し、鉄鋼製品を製造しますが、建物や自動車等のパーツとして使用された製品は、年月が経てば、また解体されてスクラップになり、原料として流通していくことになります。私たちはこの一連のサイクルに密接に関わり、社会の中で資源の循環に携わる役割を担っています。

WEEKLY SCHEDULE 1週間のスケジュール

1週間のスケジュール

印象に残っている仕事のエピソードを教えてください。

具体的なエピソードとはちょっと違いますが、現在、主に担当している仕事についてお話しますね。私が担当するのは、スクラップを集荷・加工する金属加工業者から原料を調達し、製鋼メーカーに販売する仕事なんですが、仕入先である金属加工業者は千差万別で、日本全国に工場を構えるような大きな会社から、家族単位で経営している小さな会社まで様々な企業があるんです。販売先となる製鋼メーカーも、それぞれ製鋼能力や主力製品等が大きく異なっていて、会社ごとに購入される原料の種類や量が全く異なります。また、スクラップは、元になっている材料や状態によって評価が異なったり、相場によって価格が変動するという特徴もあります。
こんな風にバラバラな条件、しかも価格も変動するという状況下で、私たち商社が間に入ってマッチングを取りなすことになるので、毎日刺激的な環境で仕事に臨むことができます。どうやってうまく調整するか、戦略を考えて試行錯誤するのはとても面白いですね。当然、時には失敗してしまうこともありますが、だからといって全てが終わりというわけじゃございません!失敗は、さっさと忘れて切り替えるようにしています(笑)。

仕事をしている上で大切にしている信念・モットーを教えてください。

先輩インタビュー マテリアル事業 服部 雅文

仕事をしている上で大切にしている信念・モットーを教えてください。

「時と場合によって、考え方や対応を柔軟にすること」
強いて挙げるなら、これですね。実は個人的には、信念はなくても構わないと思うんです。それを押し通せば必ずしも上手くいくとは限りませんし、自分とは真逆の考え方が正解だったなんてこともありますから。ただ、できるだけその時その場で、一番最適なやり方で物事を進めていけたらいいとは思っています。

マテリアル事業の営業パーソンに必要なものは何ですか?

「石の上にも三年」
やはり辛抱強い方がいいと思いますね。特にマテリアル事業では、入社早々ある程度の量と難易度の業務に携わる機会がありますが、それに熟れてなれてくるまでは時間が掛かります。あとは、製造所内にある支店配属になることもあるので、勤務地の条件が合うことも大事ですね。

職場の雰囲気を教えてください。

同僚とはビジネスライクな関係です。これはもちろん悪い意味ではありません(笑)。自主性を尊重し、お互いを尊敬しあえる職場という意味です。地元の友達のような関係とは違いますが、ちょうどいい距離感で居心地の良い環境だと思います。

先輩インタビュー マテリアル事業 服部 雅文

職場の雰囲気を教えてください。

同僚とはビジネスライクな関係です。これはもちろん悪い意味ではありません(笑)。自主性を尊重し、お互いを尊敬しあえる職場という意味です。地元の友達のような関係とは違いますが、ちょうどいい距離感で居心地の良い環境だと思います。

トピー実業を⼀⾔で表すと?

「非常に良い会社」
お互いに尊重し、尊敬しあえる環境があるというのは、当たり前のように見えて、実はそうでもありません。
当社には、互いに協力し、切磋琢磨しあえる同志がいるので、そこがとても素晴らしいと思います。

今後チャレンジしたい業務を教えてください。

先輩インタビュー マテリアル事業 服部 雅文

今後チャレンジしたい業務を
教えてください。

私はどちらかというと、大きな目標を掲げるというよりは、目の前の仕事を一つずつ熟していくタイプなので、今はそれを着実にクリアしていきたいです。やるべきことは尽きないですからね。ただ、振り返った時に少しでも前進できていればいいなと思います。

MESSAGE 就活⽣へのメッセージ

実際に入社して仕事をしてみないと分からないことはたくさんありますし、やりたい仕事とできる仕事が同じとも限りません。でも、まずは向き不向きにかかわらず、やってみてください。仕事は意外と、成るように成りますよ(笑)。頑張ってください!

先輩インタビュー マテリアル事業 服部 雅文

服部 雅文
マテリアル事業
営業部
東京マテリアルグループ

実際に入社して仕事をしてみないと分からないことはたくさんありますし、やりたい仕事とできる仕事が同じとも限りません。でも、まずは向き不向きに関わらず、やってみてください。仕事は意外と、成るように成りますよ(笑)。頑張って下さい!

人物紹介

経済学部 経済学科 出身
高校までは、田舎に住んでいました。川が綺麗だったので、しょっちゅう釣りに出かけていましたね。今では専ら海釣り専門になってしまいましたが…
大学は、とにかく東京の学校に行きたい!と思って上京しました。毎日とても楽しかったですね。

※インタビュー内容は取材当時の内容です

CAREER キャリア

2008年入社〜2010年

マテリアル事業部 営業部
豊橋マテリアルグループ(旧名称)

2010年〜現在

マテリアル事業部 営業部 
東京マテリアルグループ
(旧名称 国内マテリアルグループ)