先輩インタビュー

先輩インタビュー プロジェクト事業 西田 雄太郎先輩インタビュー プロジェクト事業 西田 雄太郎

大切なのはお客様への思いやりと諦めない心大切なのはお客様への思いやりと諦めない心

西田 雄太郎プロジェクト事業
プロジェクト営業部
豊川プロジェクト営業グループ

就活中は、海外と関わる仕事がしたくて商社を中心に受験していました。受験企業は20社ぐらいでしたが、もっと多くの会社を訪問すれば良かったとも思いますね。
プロジェクト営業部の仕事に興味があったのと、会社の雰囲気や当時の人事部の方の対応が親切だったのが入社の決め手になりました。

現在の部署での業務内容や部署での役割をお聞かせください。

私が所属する豊川プロジェクト営業グループでは、トピー工業の豊川製造所やグループ会社向けに製造設備の販売・施工・納入に関する仕事を広く請け負っています。
営業所のメンバーは、全部で5名。上司、先輩2名、営業サポート1名、そして私です。みんな、私より経験も知識も豊富な方ばかりなので、毎日新たな気づきを得ることができます!

現在、私がメインで担当しているのは、海外にあるグループ会社の自動車部品製造工場向けの設備販売業務です。また、豊川製造所で進行中の大型案件にもプロジェクトメンバーとして携わっています。お客様と設備メーカーの間に入り、設備の仕様や工事のスケジュール調整、お金の流れを管理するのが私の仕事です。
1つのプロジェクトには、お客様や取引先など多くの方が関わってくるので、細かい調整や対応に追われて大変な部分も当然あります。工事が絡む分、イレギュラーな対応も多いですしね。ただ、その中でも商社としてビジネスを成功に導くため、関係者全員が一丸となれるように、コミュニケーションを密に取ることは常に意識しています。
プロジェクトがうまくいった時はもちろんですが、仕事を通じて各分野のプロの方々と接する中で、日々新しい価値観に触れられるのもやりがいを感じる瞬間ですね。

WEEKLY SCHEDULE 1週間のスケジュール

1週間のスケジュール

印象に残っている仕事のエピソードを教えてください。

以前、複数の取引先が絡む設備導入の案件を担当した時のことです。お客様も取引先も全員が熟練者という状況で、当時まだ経験の浅かった私が間に立って調整を行う際に、うまく対応ができずに関係者に非常に迷惑をかけたことがありました。
自分の対応のどこに問題があるんだろうと悩んだ私は、その道の“プロ”である仕入先の担当者やお客様にも話を聞いて、指摘された内容を分析しました。すると、プロたちと私の間に2つの違いがあると分かったんです。1つは、「仕事の準備をしっかりしている」という点です。プロは、作業や打ち合わせに入る前に目的を明確にして、それを達成するためのプロセスを考えてから臨んでいました。
もう1つは、「顧客に対する姿勢」です。私たちはメーカーではないので、モノではなく、提供するサービスがお客様の利益にならなければ意味がありません。“お客様からもらった仕事が、会社の利益になる”というのは当然理解していましたが、この案件を担当してからは“お客様から仕事をもらうために、お客様の利益になる行動を心掛ける”ようになりました。仕事を通じて、自分自身もプロとして成長できたと感じています。

仕事をしている上で大切にしている信念・モットーを教えてください。

先輩インタビュー プロジェクト事業 西田 雄太郎

仕事をしている上で大切にしている信念・モットーを教えてください。

「為せば成る」
大概の事は人間本気で何とかしようと思えば、何とかできると思っています。できないのは為す事を諦めた時です。
私たちの仕事は、お客様の工場の稼働の一端を担っています。突然設備が故障して、早急に復旧しなければならないというケースもありますが、そんな時こそ私たちの出番です。絶対に復旧させるという熱意をもって臨み、無事に設備が復旧した時にお客様から感謝の言葉をいただけた時は格別の思いがします。

プロジェクト営業部の営業パーソンに必要なものは何ですか?

「相手に対する気遣いと心配り。そして立場を理解すること」
常に相手の立場に立って物事を考えることで、相手が何をして欲しいのか、どのような物を望んでいるのかが見えてきます。これは営業の仕事にかかわらず、社会に出る上で非常に大事なことだと思います。

職場の雰囲気を教えてください。

仕事上、他部署と交流する機会も多いですし、みんな悩み事があれば相談に乗ってくれるので有難いですね。また、やりたい事に挑戦させてもらえる環境もあります。たまにNGも出ますけど(笑)。

先輩インタビュー プロジェクト事業 西田 雄太郎

職場の雰囲気を教えてください。

仕事上、他部署と交流する機会も多いですし、みんな悩み事があれば相談に乗ってくれるので有難いですね。また、やりたい事に挑戦させてもらえる環境もあります。たまにNGも出ますけど(笑)。

トピー実業を⼀⾔で表すと?

「自己実現ができる会社」
“設備関係の仕事+海外に携わる仕事”を希望してトピー実業に入社し、7年目にして待望の海外案件に挑戦する機会を得られたので、この言葉を選びました。普段の業務でも、上司や同僚に提案したアイデアが実現する機会が多いですね。

今後チャレンジしたい業務を教えてください。

先輩インタビュー プロジェクト事業 西田 雄太郎

今後チャレンジしたい業務を
教えてください。

現在も海外メーカーへの設備導入を担当していますが、今後はもっと多くの様々な海外案件に携わる仕事にもチャレンジしていきたいです。

MESSAGE 就活⽣へのメッセージ

就活では、仕事を通じてどんな人間になりたいのか、何を実現したいのかという事をとことん追求してみてください。そこで見えてきたビジョンがトピー実業で実現できそうであれば、ぜひ一緒に働きましょう‼

先輩インタビュー プロジェクト事業 西田 雄太郎

西田 雄太郎
プロジェクト事業
プロジェクト営業部
豊川プロジェクト営業グループ

就活では、仕事を通じてどんな人間になりたいのか、何を実現したいのかという事をとことん追求してみてください。そこで見えてきたビジョンがトピー実業で実現できそうであれば、ぜひ一緒に働きましょう‼

人物紹介

法学部 法律学科 出身
高校時代は大阪に住んでいました。当時は野球ばかりしてましたね。勉強以外はまじめに取り組んでいました!(笑)
大学では、野球と国際ボランティアに力を入れていました。一番の思い出はインドへの一人旅です。

※インタビュー内容は取材当時の内容です

CAREER キャリア

2013年入社〜2019年

プロジェクト事業部 プロジェクト営業部
豊橋プロジェクト営業グループ

2019年〜現在

プロジェクト事業部 プロジェクト営業部
豊川プロジェクト営業グループ